島田たたみ店の畳へ。

奈良県、大阪府の畳替え。
畳の価格の秘密や、畳店の選び方もある、
関西の畳の情報サイト。

お電話は朝7時〜夜7時まで。
☎0120-113-385
header_card.gif

さらに美しくなる仕上げ工程

ベルトコンベアー式の大量生産ではできない品質があります。
特に手間のかかった手作業は、
専門の職人でないと、不可能です。
そして、その手間暇かける部分が、私たちの得意分野なのです。

シワ伸ばし

畳の材料は、巻物の状態で保存しています。
そのため、そのまま張ってしまうと、折りジワがつくことがあります。
この折りジワ。
実は、取る方法はあるのですが、あまりにも手間がかかるために、ほとんどの畳屋さんではやっていません。
ローラーでこすりつけて、ごまかすような仕上げが多いのが現実です

特に大手の畳屋さんでは、工程の管理上、しわとりの作業は不可能かもしれません。
そこをあえてやる。
儲からない仕事だけど、サボらずやる。
これが、私たちのこだわりです。

ブラシ掃除

上のビデオをご覧ください。
畳の表面には、
(塗料で着色していない限り、)
染土と呼ばれる泥が付いています。
これが、色落ちを防ぐ、天然の保存料の役割をしているのですが、
お使いになる場面では、ただの汚れです。
拭き取らなければいけません。

そして、この拭き取り作業は、伝統的にはお客様の作業でした、
しかし、カラブキで、一枚、一枚吹いていくのは気の遠くなる作業です。
時間もかかります、汗も出ます。

そのため、この掃除の作業を、工場内で済ませてくることにしました。

畳の泥染め畳が出来るまでに、一旦泥に漬けるのです。